ブログ運営は「掛け算の仕事」です

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

こんにちわ。元公務員の「いわざき」です。

 

今回は、「足し算の仕事」と「掛け算の仕事」について、わたくしが思っていることをご紹介いたします。

 

 

ほとんどの人は、足し算の仕事をしている

足し算の仕事は、カンタンに言ってしまうと時給でお金をもらう仕事です。アルバイト、会社員、公務員などが典型的な時給の仕事です。自分の時間を切り売りしているわけですね。

 

足し算の仕事は、代替がきく仕事がほとんどです。この人でなければ仕事がまわらないということはありません。

 

だから、時給も安くなります。

 

わたくしの前職の公務員の仕事は、数年おきの人事異動で仕事内容がガラリと変わっても、業務にが支障なくまわっています。本来なら、時給も安くてよさそうなものですが、とっても高水準です。

 

例えば、わたくしの役所を辞める直前の基本給は338,000円でした。一日8時間で土日休みだから月に20日間の勤務です。

時給に換算すると、338,000÷(8時間x20日)=2112.5円になります。

 

今、求人情報の雑誌とかみても、時給2,000円を超える仕事ってめったにありません。女性の夜のお仕事とか、高スペックの資格を持っているのが前提のお仕事とかぐらいです。

 

高度な専門性を求められるレベルの時給をもらっているにもかかわらず、実際には専門家でない公務員に対して、世間の風当たりが強くなるのは当然のことなのかもしれません。。。

 

 

お金持ちは、掛け算の仕事をしている

世の中には、掛け算の仕事もあります。

 

典型的なのは、ミュージシャンです。

 

曲を完成させるまでには、多大な苦労と膨大な時間が必要です。寝る間も惜しんで曲作りに没頭していても、その時間に対してお金が支払われることはありません。

 

が、ひとたび曲が完成し、CDになると何もしていなくてもお金が入ってきます。

 

CDは複製がカンタンにできます。売れる枚数に上限もありません。

 

仮に、一日に1,000枚売れたとすると、一枚3,000円として300万円の売上です。ミュージシャンの取り分が10%だとしても30万円の収入です。仕事せずに遊んでいても30万円です。

 

これが、掛け算の仕事です。

 

対して、足し算の仕事だと1日は24時間なので「時給×24」が上限になります。現実的にはせいぜい「時給×16」ぐらいが限界なのではないでしょうか。

 

そして、休日もとらなければカラダが参ってしまうので、週イチで休みをとったとして、月給の上限は「時給×16時間×25日」がいいところでしょう。

 

ただ、このような生活を長期間続けると心身ともに確実に疲弊していきます。

 

お金持ちは、おおっぴらには言いませんが、掛け算の仕事を意図的に選り好んでやっています。間違っても足し算の仕事には手を出しません。

 

 

日本人は国によって、だまされている

日本人は学校教育によって「足し算の仕事=善、掛け算の仕事=悪」というすり込みを受けています。

 

サラリーマンを量産して、源泉徴収という強制天引きで税金を効率的に集めるためです。

 

足し算の仕事で、稼げるお金に上限があり、おまけに税金はきっちりとられてしまう……

 

これでは、お金持ちになりたくても、なれるわけがありません。

 

  • 汗水たらして働いて、稼いだお金こそ価値がある
  • 働かざる者食うべからず
  • 一流大学に入って、一流会社に入るのが、人生における成功だ

 

これらの言葉に騙されているうちは、いつまでたってもお金持ちの仲間に入ることはできません。

 

足し算の仕事をなるべく減らし、掛け算の仕事を増やしていくのが、お金持ちになるための一番の近道です。

 

 

ブログ運営は掛け算の仕事です♪

ブログ運営は掛け算の仕事です。

 

時間給ではありません。

 

ブログにある程度の記事(少なくとも100記事ぐらい)が貯まって、ブログ内の稼ぎの仕組みが完成するまではどれだけ作業をしても、報酬は発生しません。

 

しかし、ひとたび完成すると、ほったらかしでも報酬が発生します。

 

ブログの運営で稼げないと言っている人は、足し算の仕事の思考で、掛け算の仕事であるブログの運営に取り組んでいます。

 

  • これだけ作業したのに全然稼げない
  • 一日12時間も作業をしたのに報酬はゼロw

 

掛け算の仕事をやっているという意識があれば、これらの言葉は出てきません。

 

ブログ運営は掛け算の仕事です。

 

自分が今、金の卵を毎日産んでくれる鶏という資産を育てている真っ最中なんだと常に頭の片隅に留め置きながら作業を進めていくことが大切です。

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

いわざきが実践している教材

ブログランキングに参加しています。いつもご協力いただきありがとうございます。

↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
リンク集

ページの先頭へ