車売る 査定|そこで複数の業者に連絡をして

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなりそうでした。それまで下取りしかやっていませんでしたが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、車買い取り業者に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額にバラつきがあったのです。初めは一番高い額の買い取り業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、実際に買い取ってもらえる額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考値でしかなく詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定の時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、概算査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を提示してくれました。比較サイトでは70万未満の金額でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

査定を受けた所前回よりも査定額がアップしました

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分が白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だち安っぽい感じの車に感じてしまいます。洗車をしてから買い取り査定してもらうと、ボンネットの白さが査定価格に影響があると言われました。

カーショップに行って何とかボディの色を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、驚くほどキレイになりました。隣のおじさんには新しく車を買ったのかと聞かれたほどです。

再び買い取りのための査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。古いものでもありましたからどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども何か言われることもありませんでした。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、それまでよりもピカピカにすることが出来たのが良かったようです。

クルマの査定を受ける前には、なるべくボディを綺麗にしておく事をお勧めします。またボディが白くなっている時等は、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定価格の上昇と輝きを出すためのグッズ代と手間を計算してみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の差が出るならいいですよね。

ショックのあまり|車売却 車検前

就職も決まったので、両親から車をプレゼントされました。大学を出て勤めるようになってからは、この車を使って通勤していました。その後本社へ転勤となったので、車をどう扱ったらよいかを迷っていました。

地方であれば車は、必須項目で欠かすことができません。ですが交通網が整備されている街中では、自動車がなくてもさして生活に影響や支障が出るとは思えません。それ以上に駐車場のことや維持管理代もバカにならず、費用的な負担が大きくなりそうなので思い切って売却することに決めました。

そこで自宅周辺の、車買い取りショップの店舗があったと思いだしたのでそこに車で伺って、査定見積もりをしてもらいました。予想を大幅に下回る値段が示され、ショックのあまりそこでは保留にしておき、他の車買い取り業者がないか調べることにしました。

ネットを見ると一括査定ができるようで、早速査定してもらう事にしました。車種年式グレードなどを入力し検索すると、複数の査定業者とともに概算の見積もりを教えてくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、時間を大きく節約できるので便利です。そして調べてみた結果、一番の高値を提示してくれた買い取り業者さんがいましたので、そこへ売ることにしました。

複数業者に出張査定をしてもらって得た金額は大幅な開きがあったので、査定比較サイトを活用して本当に助けられました。交渉したので、思っても見なかった高値で引き取ってもらえました。車を買い替えるなどあれば、無料の査定サイトを活用することをオススメしますよ。

売却するつもりならば

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に憧れていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。近くにあるクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万が上限とのことです。私はこの車を半年前に70万出して買いました。単純計算では、半年間で約50万も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却することになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 売るなら【車買取 情報局】 All rights reserved.