車買取 諸費用|6万円低い額で売却することに

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年で手放したくなりました。家の近くのクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。これを計算すると、約50万円を半年で失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売却することになっていたかもと思えば助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

業者を逆転して最高額の見積もりを

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になっています。

これまで下取りだけしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。結局下取りは依頼しないことが決定し、買い取り専門店に売ることになりました。

車買い取りサイトで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。初めは一番高い額の買い取り業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは出張見積りを受けたほうが良いと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、実際に観てもらうことて、はっきりした査定額が判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。

売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定をお願いしました。査定見積もりの結果、サイトで表示された概算査定額2位の業者が1位の業者を逆転して、最高額の見積もりを提示してくれたのです。ネットでは68万円という価格でしたが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

クルマを手離すときには|

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買い取って貰えました。思った以上でかなり高く売却できました。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。ネットでチェックしたところ、そこの情報では意外でしたが、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気車種などが高額で売れやすいとありました。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私が思うに、日本の車は世界一と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、想像すると海外で使われるのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

戻せるものはないかなと探していたら

前に乗っていたのは、ボンネットの目立つ部分が薄白く見えていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に感じるのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が見積もり査定額に影響を与えるという事を聞きました。カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、艶を出すことができるアイテムを見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とてもピカピカになったのです。母親から新しく車を買ったのかと言われました。

再度買い取りしてもらうための査定に出したところ、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどうなってしまうのかと思っていましたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。気になっていた部分も特に指摘もありませんでした。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、より一層綺麗にすることが出来ました。

自動車の買い取りを利用する前には、なるべくボディを綺麗にしておく事をお勧めします。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップとピカピカにするためのアイテムの費用とを比較するなどして、オトクになるようであればきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 売るなら【車買取 情報局】 All rights reserved.