車買取 wrx|訪問見積もりを受けたほうがいいと

新型の発売に合わせて、旧型の愛車を売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す前提でしたが、期待した査定額とは離れており、買い取り業者と比べると15万円以上も安い額になっています。

今までは下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その価格差に驚いたものです。それにより下取りは止めることにして、車買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定額は目を疑うほど違いました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトには2-3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと記載されていました。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。査定に必要な時間は1時間位らしいので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、最高額の金額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、76万円の業者がいたことを知らせてみたら、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

これは満足いくわけもないので

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万とのことです。私は半年前にその車を70万円で購入しました。単純計算では、半年50万程度も財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。それでも44万減った事実に違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却することになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような準備をしていませんでした。その為、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

珍しい車などは高額が付きやすく|車売却 戸籍抄本

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買い取ってもらえました。相場よりもかなり高額で売れたのです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、馴染みの深い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるとありました。但しその理由は特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかして海外で活躍するのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の運転手を妄想する楽しさもあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時には中古車を購入したいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

平和な日本では、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

目標だったので買い取り業者にだけ

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社に売りたいものです。でも素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 売るなら【車買取 情報局】 All rights reserved.