時間を管理する際にまず手をつけるべきところは?

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

こんにちわ。元公務員の「いわざき」です。

 

今回は、時間管理についてのお話をさせていただきます。

なにをするにしても、必ずついてまわる「時間がない!」という問題。

 

その問題をクリアするための一助になれば、幸いです。

 

 

「7つの習慣」という本

今回、わたくしが参考にさせていただいたのは「7つの習慣」という自己啓発書の世界的名著です。

 

著者のスティーブン・R・コヴィー博士は、世界で最も大きな影響力を持つ経営コンサルタントと言われていましたが、2012年に、自転車事故の負傷がもとになり79歳で他界されています。

 

 

7つの習慣とは、

 

  • 第1の習慣:主体的である
  • 第2の習慣:終りを思い描くことから始める
  • 第3の習慣:最優先事項を優先する
  • 第4の習慣:Win-Winを考える
  • 第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
  • 第6の習慣:シナジーを創り出す
  • 第7の習慣:刃を研ぐ

 

です。

 

このうち第1~第3までの習慣は「私的成功の習慣」、第4~第6までの習慣は「公的成功の習慣」、第7の習慣は他の6つの習慣をパワーアップするための「自分自身を充電する習慣」としています。

 

 

わたくしたちの行動は、4つの種類のなかのいずれかである

この本のなかの第3の習慣「最優先事項を優先する」のなかで「時間管理のマトリックス」という緊急度と重要度という2つの尺度により、人間の行動は4つのパターンに分類できるということが紹介されています。

 

  • 第1領域→緊急でありかつ重要である
  • 第2領域→緊急ではないが重要である
  • 第3領域→緊急ではあるが重要でない
  • 第4領域→緊急でもないし重要でもない

 

第1領域の例としては、

  • 人間ドックで要検査になってしまい、病院に行かなければならなくなった
  • 子供の学校での態度に問題があり、担任の先生と相談することになった
  • 明日の会議までにプレゼンの資料を作成するように上司から言われた
  • クレーム電話への対応

 

などがあります。

 

第2領域の例としては、

  • ウォーキングをする
  • 子供と一緒に楽しい時間を過ごす
  • 日曜の夜にその週の計画を立てる
  • 月に2冊の本を読む

 

などがあります。

 

第3領域の例としては、

  • 飛び込みの用事対応
  • 大多数の電話対応
  • 大多数のメール対応
  • 無意味な接待やつきあい

 

などがあります。

 

第4領域の例としては、

  • 夕食後に惰性で見るテレビ
  • 暇つぶしのウェブサーフィン
  • パチンコ、麻雀、競馬などのギャンブル
  • 愚痴を言いたいがための電話

 

などがあります。

 

著者であるコヴィー博士は、このうち、第3領域と第4領域の行動を減らして、それによって浮いた時間を第2領域の行動にまわすことを薦めています。

 

そうすることで、すぐに対応しなければならない第1領域の行動を減らすことができ、それによって一番時間を割くべきである第2領域の行動時間がさらに増えるという正のスパイラル状態になると言っています。

 

 

第3領域の行動を減らすより、まずは第4領域の行動を減らそう

わたくしが思うに、緊急であるが重要でない第3領域の行動を減らすより、緊急でもないし重要でもない第4領域の行動を減らすほうがカンタンだと思います。

 

第3領域の行動は、相手がある行動の場合が多いので、自分の意志だけでは減らすことは難しいです。

 

その点、第4領域の行動は、自分の意志のみで減らすことができる行動がほとんどなので、その気になりさえすれば減らすことがすぐにできます。

 

第4領域の行動をしていると自覚した瞬間に、その行動を第2領域の行動に移せばいいだけです。

 

そうして、第4領域の行動を撲滅して、第2領域の行動を増やしていけば、自然と第3領域の行動を減らすことにつながっていくと思います。

 

第4領域の行動は、行動後に激しい自己嫌悪を感じます。そして、自分で自分に言い訳をして、そのこうどうを正当化しようとします。

 

  • 「わかっちゃいるけど止められない」
  • 「今日は仕事をがんばったから、そのご褒美だ」

 

などなど……

 

そのような言い訳をしているうちは、第1と第3の領域のみの行動になってしまい、一番行動するべき第2領域の時間が作り出せないことになってしまいます。

 

まずは、第4領域の行動を減らす

 

時間の管理をしっかりやろうと考えるなら、一番最初に手をつけるべき処方箋です。

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. apa より:

    すごく簡潔にまとめられていてわかりやすかったです!

    いきなりすみません。
    apaと申します。

    なるほど、、、
    7つの習慣については、以前途中まで読んで挫折していたのですが(笑)

    そんなことが書かれていたのですね・・・

    そして、いわざきさんのおっしゃる、

    「第4領域の行動を減らすことの重要性」

    すごく身にしみました!

    確かに、そこをなくせば自然に第3領域がなくなっていく。

    そうして、第2領域。

    緊急ではないけど、重要なことに力を注ぐ。

    ようにすれば、第1領域の行動を減らすことができる。

    すべての起点はいかに「第4領域を減らせるか」に関係しているんですね!

    すごく参考になりました。

    ありがとうございます。

    今後、意識してみます!

    また記事、楽しみにしていますね(^^)

  2. いわざき より:

    apaさん、コメントありがとうございます♪

    時間管理って、ほんとむずかしいですよね。
    自分の一存だけでは予定が決まらないのはストレスたまりまくりです。

    そのようなストレスを減らすためにも、
    第4領域を減らして、その時間をバッファにしておきたいですね。

    ブログ、拝見させていただきました。
    ジャンル選定、記事の書き方など参考になるところがたくさんありました。

    更新、楽しみにしています。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

いわざきが実践している教材

ブログランキングに参加しています。いつもご協力いただきありがとうございます。

↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
リンク集

ページの先頭へ